一塗入魂・伊藤文義塗装店の独り言

山梨県(甲府市 笛吹市 都留市 富士吉田市 中央市 南アルプス市 甲斐市 山梨市 韮崎市 大月市 北杜市 南巨摩郡 南都留郡 昭和町 市川三郷町 富士川町 鳴沢村 富士ヶ嶺 )
静岡県(富士市 富士宮市 御殿場市 裾野市 沼津市 三島市)で、

10年、いや15年に一度のお家の資産価値の向上を目的とした塗り替え工事、
それを、感動の塗り替え物語といいます。

そして、その物語の舞台は、そう。。あなたのお家です。
一つ一つの工程(ドラマ)をキッチリ手を惜しむ事無く手塗りにこだわるからこそ、
感動があり、着工から完成までの間にドラマ(物語り)がある。。

だって・・・次に感動するのは・・・あなたですから。。

屋根の塗り替え時期を判断するって?  塗装屋親父の専門知識

8月25日・金曜日・・・。


山梨県の天候は・・・。


本日は・・。  晴れです・・・。


今日は・・・。


ラーメン記念日(日清食品)


サマークリスマス      だそうです・・・。


22日・23日と・・・。


2日程、ドローンの技術講習行ってまいりました・・・。 


 


やはり、2日開けると・・・。


その間の仕事が・・・。  溜まります・・・。


昨日は、忙しくさせて頂き、一日をダッシュで過ごした感じでした・・・。


また・・・。  昨日から、新工法となる・・・。


屋根の板金カバー工法の無欠カバー工法・・・。


シーガードの施工も始めました・・・。





今までのカバー工法より、値段も安く、また、屋根に穴を開けないという画期的な工法です・・・。


職人も、「これだと屋根が長持ちしていいね・・。」と・・・。


塗装屋が、塗装を進めず。屋根の無欠カバー工法(板金工事)のシーガードを進める時代に・・・。


高級塗料を塗装する事を考えたら、もう少し予算を出せば施工は出来ますし・・・。


何せ、紫外線でやられる。塗料とは違い・・・。  


長持ちし、素材のカラーベストをがっちりと紫外線から守ります。


やはり、塗料を塗装するのと比べれば、断然・・・。  持ちます・・・。


今後、更に、この工法を進めて生きたいと思います・・・。




さて・・・。  塗装屋の親父だからの専門話し・・・。


今日は、屋根の塗り替え時期を判断する方法って?  って所のお話です・・・。



屋根は、紫外線や雨に直接さらされていますから、家の中でも劣化しやすい部分の1つです。


定期的に修理を行い塗り替えるなどのメンテナンスが必要になりますが、一般的に屋根の塗り替え時期はスレートは10年、トタンは5〜8年ごとに行うといいでしょう。


直射日光・風通り・湿度などの気象環境にもよりますが、屋根は下から目視で状態を確認することは難しいので、定期的に業者に確認してもらうようにしましょう。


また、勾配・谷樋・ドーマなど屋根の形状や高圧洗浄やケレン不足など屋根の施工状態によっても塗り替え時期は影響してきます。


屋根は劣化が進むと塗膜が剥げて、ひび割れが起こりやすくなったり、苔や藻などの汚れが付着しやすくなります。


そうなるとひび割れの間から雨漏りが起こる可能性もありますし、苔や藻などの汚れが溜まることで、本来の水の流れる通り道を防いで別の場所から水が流れおちることがあります。


水の通り道でない場所に水が流れると、そこは劣化を起こして家の寿命を縮めてしまいます


今では、塗装する事も大切ですが、予算と相談しながら、本日、お伝えした・・・。


無欠カバー工法の施工なんかも、長期的に見て検討されるといいでしょうね。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。