一塗入魂・伊藤文義塗装店の独り言

山梨県(甲府市 笛吹市 都留市 富士吉田市 中央市 南アルプス市 甲斐市 山梨市 韮崎市 大月市 北杜市 南巨摩郡 南都留郡 昭和町 市川三郷町 富士川町 鳴沢村 富士ヶ嶺 )
静岡県(富士市 富士宮市 御殿場市 裾野市 沼津市 三島市)で、

10年、いや15年に一度のお家の資産価値の向上を目的とした塗り替え工事、
それを、感動の塗り替え物語といいます。

そして、その物語の舞台は、そう。。あなたのお家です。
一つ一つの工程(ドラマ)をキッチリ手を惜しむ事無く手塗りにこだわるからこそ、
感動があり、着工から完成までの間にドラマ(物語り)がある。。

だって・・・次に感動するのは・・・あなたですから。。

屋根の雨漏り 応急処置とは?  塗装屋親父の専門知識

9月16日・土曜日・・・。

山梨県の天候は・・・。

本日は・・。  曇り&雨です・・・。

今日は・・・。

マッチの記念日                          だそうです・・・。



今日から、台風の影響で、徐々に荒れてくる天候となりそうです・・。


塗装屋・ガイソーリフォーム屋は、外仕事がメインとなります・・・。


この天候では、仕事は出来ません・・・。


本日、1組・外壁・屋根の高圧洗浄を行い・・・。


その後は、本日はお仕舞いとなります・・・。  2~3日・・・。


台風の関係から、営業停止状態・・・。


こんな時にこそ、普段出来ない・・・。   個人的な物事をする時間に当てたいですね。





昨晩・・。  


鼻の奥に、ウミが溜まり・・・。   急遽、5日程入院&手術の為・・・。


チーム伊藤の職長・伊藤和文氏の所に・・・。   行ける人間だけ、お見舞いの行ってくれたようです。



明日、退院・・・。   来週、復帰するのですが・・・。


そんなやさしさも、きっと・・・。  本人にとっては・・・。


うれしい出来事だったんだと思います・・・。


チームの仲間を気づかう・・・。          いい仲間です・・・。




さて・・・。  塗装屋の親父だからの専門話し・・・。


屋根の雨漏り 応急処置とは? のお話しです。


屋根の雨漏りがあった場合、屋根の上から応急処置をする必要があります。



簡単な雨漏りの応急処置方法としてブルーシートを被せる方法があります。



雨水が流れてくる経路を考慮して、室内に雨漏りしてくるところより上の方に被せることが大切です。



ブルーシートを被せたら、土嚢袋でシートを固定します。
 雨で、土嚢袋から泥水が流れ出て、雨どいや排水溝が詰らないようにするために、土嚢袋には粗目の砂利を詰めます。
 絶対に細かい砂や土は入れません。



防水テープを貼る応急処置もあります。
テープの粘着力が低下し、すぐにテープが剥がれてしまわないようにするために、該当箇所の掃除を念入りに行います。
テープの貼る面に空気がはいらないように、しっかりと押さえながら貼っていくことが重要です。



いずれの方法も、屋根に上って行う作業です。
 自信のない方は決して無理をして自分で応急処置をしないでください。
 屋根から落ちて怪我をしてしまう可能性があります。
 業者に連絡して応急処置の依頼をするのも一つの手段です。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。