一塗入魂・伊藤文義塗装店の独り言

山梨県(甲府市 笛吹市 都留市 富士吉田市 中央市 南アルプス市 甲斐市 山梨市 韮崎市 大月市 北杜市 南巨摩郡 南都留郡 昭和町 市川三郷町 富士川町 鳴沢村 富士ヶ嶺 )
静岡県(富士市 富士宮市 御殿場市 裾野市 沼津市 三島市)で、

10年、いや15年に一度のお家の資産価値の向上を目的とした塗り替え工事、
それを、感動の塗り替え物語といいます。

そして、その物語の舞台は、そう。。あなたのお家です。
一つ一つの工程(ドラマ)をキッチリ手を惜しむ事無く手塗りにこだわるからこそ、
感動があり、着工から完成までの間にドラマ(物語り)がある。。

だって・・・次に感動するのは・・・あなたですから。。

外壁塗装が必要な理由  塗装屋親父の専門知識 (外壁 屋根 塗装)

1月16日・火曜日・・・。


山梨県の天候は・・・。


本日は・・。  曇り→晴れです・・・。


今日は・・・。


えんま詣り(初閻魔)


やぶ入り       だそうです・・・。



富士山の麓に住む代表・・・。


富士山をバックに・・。  先日は、どんどん焼きに参加・・・。


おいしい料理・お酒を振舞ってもらい・・・。


楽しい時間をすごさせていただきました・・・。



代表は、田舎育ち・・・。


町には住めないな~・・・。    これからも・・・。


ここが、自分の居場所・・・。




さて・・・。  塗装屋の親父だからの専門話し・・・。
外壁塗装が必要な理由? のお話しです。



住宅を長期的に快適な状態に保つことを考えたならば、外壁塗装をしっかりと行う必要があります。


一般的には目視点検などを行って、被害が発生している場面で塗装を考える方が多いものですが、実際には目に見える被害がなくても、年数が経過していれば劣化している可能性も考えられるので、業者に調査してもらう必要があるでしょう。


小さなヒビなどが発生している可能性や、釘が浮いてしまっている状態になり、小さな隙間が生じている可能性も否定できません。


外壁、屋根塗装の一番の目的は、防水性を上げることです。隙間ができてしまっていると、そこから壁の内部にまで浸水してしまうこともあります。


リフォームを怠ると大損害に発展してしまうことも多く、住宅内に浸水被害が見られた場合では、壁を全てリフォームしなければならない状態になったり、縁の下の木材が腐食してしまう場合もあるので、注意が必要です。


基本的には外壁・屋根のリフォームは10年ごとに行うことが推奨されているように、目に見える被害が発生していないケースでも、年数が経過している場合には業者に調査を依頼し、必要なリフォームを行うことで住宅を長持ちさせることができます。





ガイソーリフォーム全般
外壁・屋根・工場・倉庫・アパート・集合住宅・マンションの塗装専門店の塗装屋親父の専門知識でした。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。