一塗入魂・伊藤文義塗装店の独り言

山梨県(甲府市 笛吹市 都留市 富士吉田市 中央市 南アルプス市 甲斐市 山梨市 韮崎市 大月市 北杜市 南巨摩郡 南都留郡 昭和町 市川三郷町 富士川町 鳴沢村 富士ヶ嶺 )
静岡県(富士市 富士宮市 御殿場市 裾野市 沼津市 三島市)で、

10年、いや15年に一度のお家の資産価値の向上を目的とした塗り替え工事、
それを、感動の塗り替え物語といいます。

そして、その物語の舞台は、そう。。あなたのお家です。
一つ一つの工程(ドラマ)をキッチリ手を惜しむ事無く手塗りにこだわるからこそ、
感動があり、着工から完成までの間にドラマ(物語り)がある。。

だって・・・次に感動するのは・・・あなたですから。。

カバー工法とは? 塗装屋親父の専門知識

1月18日・木曜日・・・。

山梨県の天候は・・・。


本日は・・。  曇り→晴れです・・・。


今日は・・・。


初観音
都バス記念日(東京都交通局)
米食の日(毎月)
頭髪の日(毎月)
北海道清酒の日         だそうです・・・。



本日は、当店が加盟している。  塗装を通した社会活動団体・・・。


塗魂ペインターズの・・・。  全国会議IN名古屋です・・・。


私も参加の予定でしたが・・。  二代目親方にお任せして・・・。


私は、こちらに残り・・・。  用事を進めます・・・。


昨日は、雨で現場は休み・・・。


塗装屋殺すにゃ刃物はいらね~・・・。  雨の10日も降ればいい・・・。


昔の人は、面白い事をいいましたが・・・。


余りに・・・。  現実的で怖い気もします。


今日は、快晴・・・。


額に汗します・・。





さて・・・。  塗装屋の親父だからの専門話し・・・。
カバー工法とは?  のお話しです。


外壁や屋根に関しては、経年劣化を起こしてしまった場合、塗り替えリフォームをする必要が出てきます。
家を長持ちさせたい場合、避けることのできない作業になり、住宅を守る上では欠かせない内容です。


一般的には外壁や屋根に対して塗り替えを行う方法ですが、中にはカバー工法と呼ばれる技術も存在していて、状態次第ですが、便利でお得な方法として使うことができます。


カバー工法とは従来の外壁や屋根に対して、新しい資材を被せるように施工する方法になるので、解体の手間が無く廃材が少ないメリットを挙げることができます。


例えばモルタル製の外壁の場合では、カバー工法でサイディングを重ね張りする方法もあり、元々のモルタルを解体する必要がありません。


その結果として工事日数も短縮できることになり、コストを安く抑えることにも貢献できます。


また、重ね張りの方法であれば、断熱性や遮音性などの機能を付加することにも向いていて、外壁が倍になるとその効果が顕著に出ることになります。


さらに、外観のイメージを大きく変えることができる方法として活用できる工法です。





ガイソーリフォーム全般
外壁・屋根・工場・倉庫・アパート・集合住宅・マンションの塗装専門店の塗装屋親父の専門知識でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。