一塗入魂・伊藤文義塗装店の独り言

山梨県(甲府市 笛吹市 都留市 富士吉田市 中央市 南アルプス市 甲斐市 山梨市 韮崎市 大月市 北杜市 南巨摩郡 南都留郡 昭和町 市川三郷町 富士川町 鳴沢村 富士ヶ嶺 )
静岡県(富士市 富士宮市 御殿場市 裾野市 沼津市 三島市)で、

10年、いや15年に一度のお家の資産価値の向上を目的とした塗り替え工事、
それを、感動の塗り替え物語といいます。

そして、その物語の舞台は、そう。。あなたのお家です。
一つ一つの工程(ドラマ)をキッチリ手を惜しむ事無く手塗りにこだわるからこそ、
感動があり、着工から完成までの間にドラマ(物語り)がある。。

だって・・・次に感動するのは・・・あなたですから。。

下地処理の重要性   塗装屋親父の専門知識

9月9日・土曜日・・・。


山梨県の天候は・・・。


本日は・・。  快晴です・・・。


今日は・・・。


救急の日(厚生省、消防庁)


チョロQの日


重陽の節句


福祉デー       だそうです・・・。




私事ですが・・・。  今週は色々ありました。   今年は、本当に色々な事が起きる・・・。


こんなに、集中して、良からぬ事が起きるのも・・・  と 思ってしまいますが・・・。


悪い事が続けば・・・。  今度は、いい事がやってくる・・・。


そんなプラス意識を持ち・・・。


今日を制します・・・。   本日、甲斐市西八幡・・・・。   富士吉田市上暮地・・・。


都留市四日市場の方に・・・。  お伺いです・・・。


安全に伊藤の移動が始ります。  本日も宜しくお願い致します・・・。




さて・・・。  塗装屋の親父だからの専門話し・・・。
下地処理の重要性についてのお話しです。




下地処理は、外壁塗装工事の中でも重要な作業の1つです。


下地処理は、高圧洗浄を行って、長い時間をかけてこびりついた汚れを洗い流します。


汚れを洗い流すことで、欠損した部分を確認しやすくなります。


そしてひび割れや剥落した箇所を1つずつ丁寧に手作業で修理を行います。


外壁の下地部分を綺麗にしてなじませたら、塗料を塗る前に、外壁と塗料をより密着させるためのシーラーを塗ります。


シーラーは下塗りとも呼ばれ、これを丁寧に塗ることで、綺麗に外壁塗装を仕上げることができます。


ただ下地処理は上から塗料を塗ってしまうと、状態が確認できませんから、業者によっては、まともな下地処理を行わずに手抜き工事をすることもあります。


きちんと正しい下地処理を行わないと、数年ですぐにひび割れなどが起こってしまい、結局は何度も塗り直すことになり、余計に費用も時間もかかってしまうことがありますから、下地処理まできちんと行ってくれる業者を選ぶ必要があります。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。