一塗入魂・伊藤文義塗装店の独り言(ペイントショップ栄和)

塗装工事をメインにリフォーム工事も行なっております。生粋の塗装店です。

山梨県(甲府市 笛吹市 都留市 富士吉田市 中央市 南アルプス市 甲斐市 山梨市 韮崎市 大月市 北杜市 南巨摩郡 南都留郡 昭和町 市川三郷町 富士川町 鳴沢村 富士ヶ嶺 )
静岡県(富士市 富士宮市 御殿場市 裾野市 沼津市 三島市)で、

10年、いや15年に一度のお家の資産価値の向上を目的とした塗り替え工事、
それを、感動の塗り替え物語といいます。

そして、その物語の舞台は、そう。。あなたのお家です。
一つ一つの工程(ドラマ)をキッチリ手を惜しむ事無く手塗りにこだわるからこそ、
感動があり、着工から完成までの間にドラマ(物語り)がある。。

だって・・・次に感動するのは・・・あなたですから。。

雨漏りの段階について 塗装屋親父の専門知識 (塗装 外壁 屋根)

12月12日・火曜日・・・。


山梨県の天候は・・・。
本日は・・。  快晴です・・・。



今日は・・・。
カーバッテリーの日(日本蓄電池工業会1985)


パンの日(毎月)


豆腐の日(毎月)   だそうです・・・。



今朝は、一段と寒さを感じる朝・・・。

それでも、笑顔で職人は、働いております・・・。


伊藤文義塗装店の愉快な職人さん達・・・。



こんな感じですが・・・。


倉庫等の清掃は・・・。  いつも・・・  ビシッとしております・・。



ビシッとしてないのは・・・。


代表のお宅・・・。


掃除をしても・・・。   すぐに汚します・・・。



四男は・・・。  床の間にあった。 置物の刀を我が物顔で持ち出し・・・。


山の木々を相手に・・・。


見えない敵と戦っております・・・。



こんな人たちが好きです・・・・。





さて・・・。  塗装屋の親父だからの専門話し・・・。
雨漏りの段階について? のお話しです。


住宅はだいたい10年で故障箇所が出てきますが、そのうちの一つが雨漏りになります。


雨漏りは天井から水が垂れてくるイメージを持っている人がほとんどですが、実はその前の段階にもいくつか過程があるのです。


雨漏りの原因は屋根のスレートや瓦がずれていたり、台風で一部だけ飛んでいってしまったり、そもそも屋根材が劣化して防水性がほとんど機能していないことです。


その際に、いきなり天井からぽたぽたと水が垂れて来るわけではありません。


まずは外壁の劣化から徐々に水がしみ込んで、そして内部の建材にも雨がしみこんでいくのです。


それによって建物の内部は湿気が高い状態になり、季節によってはカビが発生することもあります。


やがて、雨漏りが継続的に起こると部屋の壁にまで到達して、最後には水が落ちてくるという具合になっています。


目に見える段階で雨漏りが起こっていると言うことは、すでに建物の一部が劣化してしまっている恐れがありますので、すぐに修理をして劣化している部分に問題がないか検査をする必要があります。


屋根修理業者に依頼すると、すぐに検査をしてくれます。




ガイソーリフォーム全般
外壁・屋根・工場・倉庫・アパート・集合住宅・マンションの塗装専門店の塗装屋親父の専門知識でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。