一塗入魂・伊藤文義塗装店の独り言

山梨県(甲府市 笛吹市 都留市 富士吉田市 中央市 南アルプス市 甲斐市 山梨市 韮崎市 大月市 北杜市 南巨摩郡 南都留郡 昭和町 市川三郷町 富士川町 鳴沢村 富士ヶ嶺 )
静岡県(富士市 富士宮市 御殿場市 裾野市 沼津市 三島市)で、

10年、いや15年に一度のお家の資産価値の向上を目的とした塗り替え工事、
それを、感動の塗り替え物語といいます。

そして、その物語の舞台は、そう。。あなたのお家です。
一つ一つの工程(ドラマ)をキッチリ手を惜しむ事無く手塗りにこだわるからこそ、
感動があり、着工から完成までの間にドラマ(物語り)がある。。

だって・・・次に感動するのは・・・あなたですから。。

なぜ屋根は暗い色が多いの?  塗装屋親父の専門知識 (塗装 外壁 屋根)

3月29日・木曜日・・・。


山梨県の天候は・・・。


本日は・・。  晴れです・・・。


今日は・・・。

まりも記念日
肉の日(毎月)
八百屋お七忌(円乗寺)      だそうです・・・。



晴天続きで・・・。  気持ちも・・・  ワクワクしてきますね・・。



昨日なんて・・・。  陽気のおかげで・・・。


かなり汗が出てきて・・・。


久々の汗を感じ・・・。  心地良かったですよ・・・。


今日も、各地に飛び回る代表・・・。


汗だくになり・・・。  今日も、春を感じたいと思います・・・。


しかし・・・。  50を過ぎてきて・・・。


休み無しの労働が・・・。  最近こたえます・・・。


こちらも、年を感じたいと思います・・・。


恒例の男気弁当は・・・。  2日分・・・。



それでは・・・。  そろそろ・・・。


出陣します・・・。





さて・・・。  塗装屋の親父だからの専門話し・・・。
なぜ屋根は暗い色が多いの?  のお話しです。



屋根塗装をする時はやはり色で悩みますよね。
周囲の家を見渡してみると、暗い色の屋根が多く見つかりませんか。


今回は、暗い色の屋根が多い理由と暗い色にするメリットをご紹介いたします。


なぜ日本では暗い色が好まれるのかというと、瓦に使用されていた素材が灰色やいぶし銀であったことが理由だと言われています。
確かに、灰色やいぶし銀の瓦は今でも前にする光景ですよね。
暗い色にすることのメリットですが、黒や灰色にすることで汚れが目立ちにくということが挙げられます。


ただでさえ屋根は直射日光を受けやすいですので、赤や青など鮮やかな色は色褪せが早くなる可能性があります。
合理的に考えた結果、暗い色を選ばれる方が多いのかもしれません。
屋根は面積が大きいですので、屋根の色が与える印象は非常に大きいでしょう。


そこで屋根を暗い色にしてしまうと家全体の雰囲気が暗くなってしまうのではないか、と考えていませんか。
黒や灰色はシックで落ち着いた印象にしてくれますし、外壁などの組み合わせ次第で素敵なお家になると思いますので、ぜひあなただけの素敵な色を選んでください。




ガイソーリフォーム全般
外壁・屋根・工場・倉庫・アパート・集合住宅・マンションの塗装専門店の塗装屋親父の専門知識でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。